お守り全国神社一覧

福島県護國神社

 

概要

当社の御祭神は福島県ゆかりの御英霊と天照皇大御神です。
当社は創建当時から、明治初期の戊辰の役以来、平和を希求し国難に殉じた68500余柱の御英霊と伊勢の神宮の天照皇大御神をお祀りしています。

平和と繁栄をもたらす御英霊と天照皇大御神は、自然溢れる信夫山から皆様をお護りしています。

 
由来

遡ること約130年。当社の前身である招魂社は、明治天皇の思し召しにより明治12(1879)年10月4日に造営されました。戊辰の役に従軍した殉国者で相馬・田村・会津の招魂場に祀られていた御霊と、西南の役に殉じた管内人の御霊が最初に合祀されたのがはじまりです。それ以来、国難に殉じた御霊を合祀されてまいりました。

 

創建当時は官祭信夫山招魂社と命名され、のちに指定官祭福島招魂社と改称されました。昭和14年には内務大臣指定の官祭福島県護國神社となり、現在の名となったのです。現在の社殿はこの時代の昭和12年に建てられたものです。

 

終戦後、日本はGHQの支配下に置かれ、当社は存亡の危機に立たされました。そこで、存続を願った当時の人々は伊勢の神宮・天照皇大御神をお祀りし、大霊神社と一時的に名称を変えることになりました。

 

昭和27年4月28日、サンフランシスコ講和条約が発効され、日本は主権を回復しました。そして同年9月、大霊神社から福島県護國神社と再び名称を戻し、現在に至っております。

 

皇室の方々より数多くの御参拝を賜り、幣帛料・幣饌料が御下賜された由緒深い神社でもあります。明治・大正・昭和の激動の時代を過ごした当社ですが、昔と変わらず今も静かに信夫山に鎮座しております。

 
ご祈祷・ご利益

家内安全、身体健全、病気平癒、商売繁昌、社運隆昌、入学奉告、成人奉告、必勝祈願、学業成就、旅行安全、心願成就、工事安全、お礼参り

 
現地祭典・出張祭典

地鎮祭、起工式、上棟祭、竣工祭、神棚祭、宅神祭、解体清祓い、増改築清祓い、開業開所式、井戸祓い

 
所在地

〒960-8025

福島県福島市駒山1

 
ホームページ
http://www.gokoku559.info/
 

 

 


  お守り・絵馬販売専門店 All right reserved.